Case 6:UBSアセット・マネジメント株式会社
2007年、2008年の金融危機以降、UBSグループでは組織再編と企業文化の再構築が行われ、マネジメントに求められるリーダーシップも世界共通で見直されることになりました。
Case 5:株式会社セールスフォース・ドットコム
組織改編後、新体制となり部門を率いることになった株式会社セールスフォース・ドットコムの新井本部長は、新マネジメントチームのメンバーとともに「自組織のあるべき姿」と「そのために何を基軸とするのか」についてじっくり時間をかけ話合う場をもつ機会が必要だと考えられていました。
Case 4:ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
再生可能エネルギーの供給拡大を通じてエネルギーの多様化に貢献すること、この使命のもとに2012年2名の創業メンバーによって設立されたジャパン・リニューアブル・エナジー(以下JRE)はわずか2年の間に86名という急速な規模拡大を遂げてきました。
Case 3:外資系メーカー
この企業は、日本に進出して以来、長期にわたり右肩上がりの成長を続けてきました。現在も好調でありながら、成長にわずかながら鈍化が見られ始めており、日本におけるフェーズの切り替えも兼ねて、本国ヘッドクオーター主導の組織変革に着手しました。
Case 2:半導体関連装置企業
この企業は、技術革新の速い半導体関連機器の業界において、 製品差別化を実現する技術力と事業構想力のある幹部の存在によって、競争優位を築いてこられました。
Case 1:日本最大級ホールディングス
この企業は、安定した財務体質、研究開発力、技術の信頼性など、 世界に通用する多くの強みを持ち、国内では圧倒的なシェアを保持しています。